学園生活に関するお知らせ

ClassDiary「高校最後の体育祭」3年音楽科

共通中高共通 2021年06月03日(木)

ごきげんよう。3年音楽科です。
高校3年生、学校生活最後の体育祭を怪我なく無事に終えることが出来てホッとしています。
今年度はこれまでと違い、クラスの中で3つのチームに分かれての体育祭となりました。
白熱した戦いを終えた各チームの応援団員から、体育祭の感想をお届けします。

———

桜組は新しいことに挑戦するという意気込みで1週間頑張ってきました。団員それぞれやらなくてはいけないことがあり、団員16名全員揃って練習ができたのは合計2日間程でした。そんな状況の中で難しい事を言ったにも関わらず、下級生は心折れずに早朝も放課後も一生懸命練習してくれ、高校三年生も最上級生として沢山試行錯誤していました。どうか来年は規制がかかることなく、思う存分競技や応援ができる体育祭であってほしいです。

桜組 M.T.

コロナ禍での体育祭だったので行えない競技が幾つかありましたが、その代わり新しい競技が増え、皆新鮮な気持ちで競技に参加することが出来ました。また、いつもは見ている側だった高校3年生のカドリールを自分達が踊る側になり、改めてカドリールは北鎌の大切な伝統でいつまでも続いて欲しいなと感じました。
応援団では、練習時間が短い中今までになかった縦割りでの体育祭だったので6学年をまとめるというプレッシャーと不安が凄く大きかったのですが、6学年集まってるからこそ出てくる意見やアイデアが沢山あり、練習や本番が凄く楽しかったです!

翠組 O.S.

体育祭まで応援団に与えられた練習期間はたったの一週間でした。
とても短い期間ながら高校3年生は何度も話し合いをし、今までの応援合戦の形をなるべく崩すことのないパフォーマンスを目指しました。
最終的には応援団全員が協力し、振り付けの練習など、助け合いながら本番を成功させることが出来ました。最後の年に応援団になることが出来て良い思い出になりました。

菫組 L.K.

前のお知らせ:
次のお知らせ: