TOPへ

中学校
普通コース

普通コースの学習は授業と行事を関連させた総合的な学習を重視しています。

各教科で学んだ基礎学力を生かし、さらに自学自習の姿勢を育てる工夫がされています。例えば、国語科では「書き取り大会」「作文コンクール」「百人一首大会」。英語科では「スペリングコンテスト」「English Festival」。数学科では「計算コンテスト」。理科では「北鎌倉山歩き」「野辺山・清里自然学習」。社会科では「考古学ワークショップ」「勾玉作り」など教室での学びに加え、基礎学力を実践的に生かす機会を設けています。

6年間コースの展開

本校では高2の1月を合格力完成期と捉えています。志望校研究から始まり、一人ひとりの進学ストーリーを完成させるため、複数の教員で指導に当たるチームカウンセリングが動き出します。 教材ごとの過去問題分析により、各大学の入試に対応できるよう演習していきます。
※高校2年次より高校入学生と混成になります。
進級時

高校1年生への進級時には、中学3年生修了時の学習状況その他により「普通コース」と「特進コース」とに分かれます。

「普通コース」は、部活動などの学園生活とを両立させていきます。学習を補うものとして、夏休みと後期の放課後に希望制の特別講座があります。「特進コース」は、高校2年次・高校3年次の特進コースの基礎となるコースです。高校2年次以降の特進コースへしっかりと進んでいける自立的学習能力を養います。時期ごとに課題や到達目標が設定され、クリアできない場合は補習や個別指導を行います。また、放課後60分の特別講座が義務付けられます。高校2年次以降の特進コースは、首都圏国公立大、難関私大(早慶上智、東京理科大、MARCH)への一般受験での現役合格を目指します。

道徳授業

本学園では道徳の授業を2・3年次に行っています。そのうち、中学2年生の道徳に関しては、前校長自らが教壇に立ち、「人間にとって一番大切なものは何か」、また「善く生きるためには、どう生きればよいか」といった「哲学」を、わかりやすい具体的な例を挙げつつ学ぶ機会を設けています。

礼法授業

中高ともに1年生は道徳の一環として礼法の授業を受けます。日常生活の礼儀作法を中心に「心のあり方」を学びます。
 美しい立居振舞を身につけて品性を磨くことをめざして、日常生活における礼儀作法を学びます。その中で生徒一人一人が「心のあり方」を習得していきます。

普通コースのカリキュラム

時間割

中学3年次の時間割例です。

1 数学
習熟度別
理科② 英語
習熟度別
英語 英語 道徳
2 美術 GS(総合) 理科① 社会(公) 数学
習熟度別
国語(古)
習熟度別
3 理科① 保健体育 数学 理科② 技術家庭 英語
習熟度別
4 社会(公) 音楽 社会(公) 数学 技術家庭
5 保健体育 数学 国語(古)
習熟度別
国語(現) 社会(公)
6 英語 英語 LHR 保健体育 国語(現)

※道徳
中学1年次では礼法の授業として、日常生活における礼儀作法(たとえば、美しい立居振舞、箸の使い方・接待の仕方・挨拶状の書き方など)を実践的に学びます。

※総合
ネイティブの先生による英会話の授業です。

教育課程

2016年度入学生のカリキュラムとなります。
中1 中2 中3
国語 5 4 4
社会 3 4 4
数学 5 5 5
理科 3 4 4
保健体育 3 3 3
音楽 2 2 1
美術 2 1 1
英語 4 5 6
技術家庭 2 2 2
GS
(総合)
2 1 1
HR 1 1 1
道徳 1 (礼法) 1 1
単位総数 33 33 33
※GS:グローバルスタディ ネイティブの英語による授業
総合的な学習の扱いについて
各学年、授業時数70時間のうち35時間を週過程に組み、35時間分を時期に分け集中的に実施
教育内容
12の運動部と17の文化部があります。
音楽科の最新トピックスです。
鎌倉街道沿いの小高い丘を登ると本学園があります。
学園の制服をご紹介いたします。
“ごきげんよう”の挨拶で北鎌倉女子学園の一日が始まります。