TOPへ

北鎌の
一貫教育

学校行事・部活動・委員会活動など日々のさまざまな学園生活の中で、考え抜く力、前に踏み出す力、みんなで力を合わせて働く力、すなわち社会人基礎力を養い、豊かな人間力と高度な学力の調和を図っていきます。 6年間を発達段階に応じて基礎確立期、基礎発展期、実力充実期、合格力完成期の4つのタームに分け、それぞれの時期に応じた学習目標を設定しています。

6年間の学習指導目標

中高の6年間を発達段階に応じて4つのタームに分け、それぞれの時期に応じた学習目標を設定しています。

  • ①試験
  • ②分析(過去のデータとの比較、到達度チェック)
  • ③個人面談(学習指導、アドバイス)
を繰り返すことで、今の自分の位置を確認し、進むべき道筋を見つけていきます。ここでも人間力と学力の相乗効果を大切にしています。

基礎確立期

この時期で一番大切なことは、家庭学習の習慣づけを徹底することです。1日2時間は勉強時間に当てられるよう指導しています。まとめて2時間ではなくても、朝の10分、夕食前の20分といった時間を上手に使えるようにすることです。毎日決まった時間に机に向かい、予習・復習を中心に学習します。この2年間で家庭学習の習慣を身につけることが大切です。

中学1年・中学2年
普通
英語の目標
教科書の他にトレーニング教材を使用し、英語力のアップを図っています。単語集を利用した校内スペリングコンテストや英検への取り組み、ネイティヴの先生による授業等、多彩なプログラムを展開しています。さらに繰り返しによる定着を図るスパイラル学習に力を入れています。
国語の目標
教科書の他に、オリジナル教材「国語の読解問題集」を使って、読む力・考える力の向上に努めています。その他、漢字や国語常識を問う小テストや月例テストにより「知識」の定着を図っています。中1・中2では週1時間の習熟度別復習授業を取り入れています。
数学の目標
教科書の内容に加えて、実戦的な教材を利用し、確実な計算力を身につけ、さらに数学的思考力を培ってゆきます。単元終了時には授業を習熟度別に組みかえ、効率的に復習をします。
学習の基礎とは

全ての学習の根幹に、「先生や友人の言っていることをしっかり聞こうとすること」と、「自分の考えや意見をはっきりと伝えようとすること」の二点があります。1年次にはこの基礎固めをしっかりできるようにすることを第一としています。

反復学習

定期試験と学力推移調査の二つを連動させて学習指導が効果的に行われるようにしています。特に担任と教科担当者の連携を大切にし、生徒一人一人についての情報交換を密にしたきめ細かな指導を心掛けています。

基礎発展期

このタームでは、自学自習を定着させるために自ら問題を掘り起こし、それについて考え、自己解決できる能力を養います。生徒1人ひとりにあった学習法を工夫することや自己理解を深めることを大切に、基礎力の充実と、さらなる応用力を強化するために国数英で分割授業を行ったり(中3)、特進コース(高1)を設置したりしています。

中学3年
普通

中学3年次のこの時期には、職業研究や大学研究を通じて自分の目標を定め、今の自分にできることは何か、しなければならないことは何かを考え、将来像を描けるようにしていきます。

自由研究

中学3年間の総まとめとして、中学3年次で自由研究に取り組みます。それぞれが関心の深いものをテーマに選び、自分で資料を探して調べるということが自学自習の力の育成に大きく寄与しています。1人ひとりに指導教員がつきます。

高校1年
普通コース

授業のほかに、特進コースとほぼ同じ特別講座が設けられていますが、普通コースは、すべて希望制です。カリキュラムも高校1年次では同一ですが、授業の進度は少しゆっくりとしていて、じっくりと着実に基礎学力を養います。

特進コース

正規の授業のほかに、放課後の特別講座や夏休みの勉強合宿が義務づけられているのが、特進コースの特色です。少しハードですが、文化部はもちろん運動部の活動と両立させている生徒もかなりいます。

勉強合宿(特進コース)

「自己の限界に挑戦しよう」を合い言葉に、夏休みの三泊四日、1・2年生が葉山にあるIPC生産性国際交流センターにて実施しています。朝から夜中まで勉強づけの四日間ですが、最後の夜には、学年・クラスの枠を越えた交流を深めるためのパーティーも行われます。

実力充実期

それぞれの進路に合わせた学習を徹底します。自己の将来を見据えた上で、どのような大学に進みたいか、自分にあった受験のスタイルは何かなどを考慮してコースを選び、自己の将来を見据えた上で社会に出ても通用する真の実力を養います。

高校1年後期〜・高校2年12月まで
文理進学コース
目標
国公立大学、私立大学、短大
看護・医療系、体育・芸術系
特長
・希望制の特別講座
・幅広い進路選択
特進コース(文・理)
目標
国公立大学
難関私立大学(文系学部・理系学部)
特長
・必修および希望制の特別講座
・全員参加の勉強合宿
海外研修

高校1・2年の希望者を対象に海外研修を実施しています。カナダへの異文化体験を目的としたものと、イギリス・イートン校への語学研修を目的としたものとを選択できます。それまでの英語学習を、海外で実践していきます。

進路ガイダンス(高1・高2)

大学教授による出張講義、学年別校内説明会。

合格力完成期

実力充実期までに養ってきた力を更に高め、自分の高校卒業後の進路目標を達成させることを目指します。志望校研究や過去問研究、演習授業を通して実力を合格力へと結びつけていきます。3年時にはAO推薦入試のサポート体制、センター一般入試に向けたガイダンス、出願校決定までのデータ提供と個別指導のサポート体制も整っています。

教育内容
鎌倉街道沿いの小高い丘を登ると本学園があります。
学園の制服をご紹介いたします。
“ごきげんよう”の挨拶で北鎌倉女子学園の一日が始まります。