TOPへ

音楽コース
中学校

音楽コースは1965年度に設立された国内でも数少ない音楽の専門コースです。音楽の道を志している生徒にとって、音楽の専門教育を中心においた中学校音楽コース、それに続く高等学校音楽科という6年間の一貫教育は音楽を学ぶ上で理想的な環境が整っているといえます。本学園の教育方針に沿って豊かな人間形成を目指しつつ音楽の基礎を固めることが第一の目標です。義務教育を受けながらピアノ・弦楽器・管楽器・打楽器・声楽の専攻別個人レッスンやソルフェージュ、聴音、楽典といった専門教育を受けることが出来ます。

音楽コースでは自分の専攻以外の人たちとの交流により、多くの刺激や影響を受け、共に演奏する楽しさを感じとって大きく成長します。そうした日々の中から自分独自の音楽が創られていきます。

各専攻について

ピアノ専攻、弦楽器専攻、管楽器専攻、打楽器専攻

中学校は高等学校、大学と順調に演奏レベルを高めていく土台づくりのための最も大切な時期です。適切、かつ自然な演奏法を身に付けるために基礎的なテクニックの修得が肝要です。それをさらに発展させ、作風や様式感を理解し、より豊かな表現力を育てます。

声楽専攻

将来、本格的な声楽を学ぶ上での、正しい姿勢や呼吸法、発声法などの基礎力を養います。響きのある声で楽しく美しく表情豊かに歌うことを目標とします。

音楽総合専攻

どの専攻に自分の能力が向いているか、その適性を探すための専攻です。ピアノと、声楽か楽器のレッスンを受け高等学校音楽科への基礎づくりをします。各学年後期実技試験時に希望者は転科試験を受けられますが、高等学校音楽科進学の際には、ピアノ、弦楽器、管楽器、打楽器、声楽、作曲のいずれかの専攻を必ず選ぶことになります。

レッスン

週1回行われる専攻実技のレッスンは、演奏技術を高めるためにとても大切です。経験豊かな教師陣の丁寧な指導により、基礎力や音楽性を養っています。生徒は全日本学生音楽コンクール、かながわ音楽コンクール、ピティナピアノコンペティション等のコンクールでも優秀な成績をおさめています。

レッスンや毎日の練習の成果を発表する機会として、年2回の実技試験や、同じく年2回のクラスコンサートがあります。舞台での演奏経験を多く積むことにより、さらに実力を高めることができます。毎年秋には鎌倉芸術館大ホールで中学校音楽コースの生徒も加わって定期演奏会を行っています。

音楽コースのカリキュラム

時間割

中学3年次の時間割例です。
1 英語 社会(公) 理科① 道徳 社会(公) 英語
2 社会(公) ソルフェージュ 英語 数学 技術家庭 理科②
3 保健体育 理科① 美術 国語(現) 音楽 国語(古)
4 数学 国語(古) 数学 保健体育 数学
5 国語(現) 保健体育 総合 英語 Lesson
6 楽典 理科② LHR 社会(公) Lesson
7 聴音 聴音

  • 1年:実技個人レッスン(2)+聴音A(1)
  • 2年:実技個人レッスン(2)+ソルフェージュ(1)+聴音A(1)
  • 3年:実技個人レッスン(2)+ソルフェージュ(1)+楽典(1)+聴音A(1)

教育課程

義務教育で定められた時間を確実に履修したうえで、音楽の専門科目も学びます。特に音楽の基礎力をつけるには、自分の専攻だけでなく幅広い勉強が必要になります。したがって音楽コースのカリキュラムには音感やリズム感を磨く実習や楽譜を書く勉強が授業として入っています。

2016年度入学生のカリキュラムとなります。
中1 中2 中3
国語 4 4 4
社会 3 3 4
数学 4 4 4
理科 3 4 4
保健体育 3 3 3
音楽 2 1 1
専門3 専門4 専門5
美術 2 1 1
英語 5 5 4
技術家庭 2 2 1
総合的な学習 1 1 1
HR 1 1 1
道徳 1 (礼法) 1 1
単位総数 34 34 34
総合的な学習の扱いについて

各学年、授業時数70時間のうち35時間を週過程に組み、35時間分を時期に分け集中的に実施。

音楽コース聴音について

週2回(月・金)7限に25分(3:15~3:40)ずつのハーフ授業を行い、1時間とする。

教育内容
鎌倉街道沿いの小高い丘を登ると本学園があります。
学園の制服をご紹介いたします。
“ごきげんよう”の挨拶で北鎌倉女子学園の一日が始まります。