TOPへ

学園の立地

北鎌倉女子学園は、自然と文化の風薫る風情豊かな街にあります

多くの観光客でにぎわいながらも、どこか静かで心落ち着く北鎌倉。私たちを優しく包む森林、格式高い寺院の数々がつくり出すゆったりとした時間が、そう感じさせるのでしょうか。

北鎌倉駅を降りると、そこは鎌倉五山第二位に列せられる円覚寺の境内。鎌倉街道を挟んで向かい側の小高い丘を登ると本学園があります。

境内が国の史跡に指定されている浄智寺、多数の歴史的文化財が安置されている円応寺(閻魔寺)、初夏を彩る紫陽花が美しい明月院(あじさい寺)など、自然と文化の薫りに包まれながら生徒たちは日々を過ごしています。

学園の歴史

本学園は東邦大学(旧帝国女子医専)の創立者、額田豊博士によって昭和15年に創設されました。

「女性は先天的に優れた能力を持ち、様々な可能性が期待される」という、博士の女性に対する深い信頼と期待を建学の精神とし、「豊かな知性と情感を具え、深い思考と的確な判断のもとに誠実に自らの人生を生き、やさしく他と調和しつつ社会に寄与する女性」の育成を目指し、知徳体の調和的発達のための教育を実践してきました。

以来80年近くの歴史を積み重ね、今また、社会の要請に応え、さらに高く飛躍しようとしております。

沿革

  • 昭和15年(1940)3月額田豊博士により財団法人北鎌倉高等女学校として創立
  • 昭和23年(1948)4月学制改革により北鎌倉高等学校と改称、併設中学校を設置
  • 昭和40年(1965)4月中学校に音楽コースを設置
  • 昭和43年(1968)4月高等学校に音楽科設置
  • 昭和53年(1978)9月学校名を北鎌倉女子学園高等学校、北鎌倉女子学園中学校と変更
  • 平成3年(1991)10月創立50周年記念式典挙行
  • 平成17年(2005)5月創立65年目を迎える
  • 平成22年(2010)5月創立70年目を迎える
  • 平成27年(2015)5月創立75年目を迎える

1938年頃の鎌倉学荘時代1938年頃の鎌倉学荘時代

1940年頃の北鎌倉駅より学園を撮影1940年頃の北鎌倉駅より学園を撮影

1945年頃の校舎1945年頃の校舎

1967年頃の校舎1967年頃の校舎

学園のご紹介
12の運動部と17の文化部があります。
音楽科の最新トピックスです。
鎌倉街道沿いの小高い丘を登ると本学園があります。
学園の制服をご紹介いたします。
“ごきげんよう”の挨拶で北鎌倉女子学園の一日が始まります。