入試に関するお知らせ

<学校長>授業納めの挨拶

学園三長の部屋 2020年07月31日(金)

ごきげんよう。

みなさん、元気ですか。

何をするにも健康が一番大切ですね。今年はとくに健康の大切さを強く感じています。新型コロナウィルスと過ごす中では、誰もが不安を抱えながら自分が感染しないように、周りの人も感染させないように外出を自粛したり、手洗い、うがい、換気を心がけてきました。そのおかげで、北鎌倉女子学園ではここまでひとりも感染者が出ませんでした。一人ひとりの健康管理が、みんなの健康を守ることにつながっていることを改めて実感しました。これからも気を緩めることなく、健康管理をして行きましょう。

また、いままで以上に家族と過ごす時間も多くなり、改めて家族のありがたさを感じたのではないでしょうか。長く会えなかった友人と再会した時には友人の大切さを感じたのではないでしょうか。学校生活も変わりました。オンライン授業や分散登校など、はじめての経験をしました。それでも、みなさんが一生懸命取り組んでくれたおかげで「学びを止めない」北鎌倉女子学園の新たな文化を築けたと思っています。

いままでとは違った生活の中でも、みなさんには、夢をもって、その実現のために色々なことにチャレンジして欲しいと思っています。チャレンジする中で「これはできた」、「これならできる」という「できる自分」を育てて下さい。

さて、夏休みに入る前にあなた自身の4月からの4か月間を振り返ってみてください。どんなことができるようになりましたか。自分の成長を実感できていますか。これからはじまる夏休み、いまはまだ白紙の状態です。4週間後、何ができるようになっているでしょうか。楽しみですね。例えば、家のお手伝いをして掃除・洗濯、料理などできることを増やして行く。自分の得意な教科をどんどん勉強して自分の強みにして行く。本を読んで、過去の偉人たちや主人公たちと会話することで新しいものの見方を見つける。色々なことが考えられます。どんな時間の使い方をするのか。自分で決めて、実行して欲しいと思います。そして何かができる自分になれることを期待しています。

計画を立てるときのアドバイスを一つします。何をどんな風にするかを考えて迷っているときは、先ずできることから実行しましょう。このまま続けてよいのか、少し修正を加えたほうが良いのか。確認しながら進んで行くことをお勧めします。迷い続けて考えてばかりいても仕方ありません。とにかく実行することが大切です。チャレンジしてみましょう。夏休み中、一日一日を大切に、そして自分を大切に生活してください。「ちょっとくらい」、「このぐらいなら」という誘惑に負けないでこれからの4週間で一回り大きく成長できことを願っています。

さて、高校3年生にとっては、北鎌倉女子学園での最後の夏休みです。一人ひとりが自分の進路の実現のために今日まで頑張ってきた自分に「自信」をもって、明日からの自分に「希望」をもって満足できる時を過ごしてください。

最後に8月28日の授業始め当日、元気に笑顔で、自信に満ちた表情で坂を登ってくるみなさんと再会できることを願っています。ごきげんよう。